*Smile Angels* 

*私と夫と愛犬とのスピリチュアルな生活*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膿皮症・・・

お久しぶりです。

何だか暑くなってきましたね。

うちの柴の蓮も換毛期に入り、相当アンダーコートが抜けて、大変な状態です。

毎年、この時期は脅威になっています

そういう中、換毛期は犬に取っては、体が痒い。

掻くのですが、尋常じゃない激しい掻き方。

良く見ると、横腹の毛が激しく禿げている。

足で激しく掻いているので、足で掻いた跡が激しく禿げている。

皮膚も丸見えで、赤く炎症を起こしています。

これは大変

早速、5月31日に近所の動物病院に連れて行き、「初期の膿皮症(のうひしょう)」という診断。

治療としては、痒みが酷いようですので・・・

・・・やはりステロイド(10mg/日)2日間。抗生物質(セファレキシン1.5錠/日)7日間服用。
(診察当日にステロイドと抗生物質の注射)



にお20100605-連 003


にお20100605-連 002

赤みが引いてからの写真ですので、マシになっていますが、

禿げている状態解りますか?

結構みすぼらしい感じで可哀想です。

本当に蓮は皮膚が弱いです。

当分、様子見て治りが悪かったら、東大阪のP動物病院に行きます。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。