*Smile Angels* 

*私と夫と愛犬とのスピリチュアルな生活*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヴ1周忌・・・安らかに(U人U)・・・


1年前の2008年10月3日にイヴは虹の橋を渡りました。

1年経ちました。

長かったような、短かったような・・・そんな感じでしょうか・・・

イヴは今頃、走り回っているのでしょうね(*^ワ^*)

やはりイヴは私に取って、特別な存在です。

F1000134.jpg

F1000137_20091003213309.jpg


イヴ安らかに・・・

スポンサーサイト

今だから話せる、イヴが最後にくれた私への思い・・・

イヴが虹の橋を渡った日のことです。

10月3日(金曜日)、いつものように急いで仕事から帰ってきて、蓮と心にご飯を食べさせ、さっさと散歩を済ませて、イヴが入院している病院に行かないとイケナイと思いながら、散歩へ・・・

普段、こんなに話し込まない近所のオジサマ達に会い、めちゃめちゃ長話された。*?

可愛がって貰っているので、拒否することもできない状況に追い込まれる・・・

その時点で今日は、いつもと違うなぁ?と思っていました。

それから慌てて、車を出して、ドキドキしながら、動物病院へ向かった。

近所のパーキングに着いて、慌てて病院に入ったら、長年お世話になっている看護士さんがあっと言う顔をした。(この時点で、ただ事ではない・・・と思う)

「ちょうど今、イヴちゃんが急変して今電話をしていたところです」って言われました。

その直後に、携帯が鳴る・・・「○○○動物病院」と着信の名前が出ている。

もうその一瞬、私が着いたと同時に、イヴは虹の橋を渡った状態。

中に呼ばれて、見たら・・・心肺停止状態で、蘇生して貰っていました。

院長「ホントに今、急変しました。」って言われて、5分おきに診てくれていたみたいです。

院長「もし息があり・・・ぐったりしているところだったら、飼い主さんに方向性を決めてもらおうと思っていました」と言われました。(延命するか、酸素を外すか・・・の選択)

苦しんでいる姿を見せない、延命か?どうするのか?の選択を私にさせない*?

イヴは、自分の苦しんでいる姿を殆ど私に見せることなく、逝ってしまいました。

10月2日(木曜日)は、病院が定休日で会いに行くことができなかった・・・1日イヴに会えない日。

しかし、夜に院長から電話があり、

院長「今のところ、酸素室に入っているので、呼吸も楽そうにしています」
との報告がありました。

なので、イヴのホントに苦しそうな姿を見たのは、10月1日の夜だけ・・・

イヴが入院してから、ずーっと仕事中も携帯が気になってた私。

病院に入ったと同時に携帯が鳴るなんて、
不思議な感じでした。


あまり心配掛けまいとしてくれていたのでしょう。

20080608-イヴ?



まだまだ偶然があって・・・



イヴ、虹の橋を渡る・・・

2008年10月3日午後8時30分、私の親友イヴは虹の橋を渡りました。

皆さん、温かいコメントありがとうございました。

最後まで、頑張ってくれましたし。。。

いろんな出会いや偶然や、癒しを私にくれました。


F1000137.jpg


イヴ、危篤。

月曜日の夜、いつもよりしんどそうかなぁ?って感じでした。

火曜日の仕事帰宅後、東大阪の病院に連れて行きましたが。。。

DSC01547.jpg
↑2008年9月30日、診察を待つしんどそうなイヴ。



状態は、良くない

いつもいろんな困難を乗り越えて来た、イヴ

もうダメ・・・を何度も乗り越えて、私を力付けてくれていました。

今回も肺水腫

5年半・・・ずーっと慢性肝炎で薬飲み続けてきました。

GOT測定不能・・・ってのもありました。

感染症で熱が出て、死に掛けたことも・・・。

今度は6歳近くになると、心臓もかなり弱くなっています。

いろいろな要因で拡張型心筋症で、何度も肺水腫

それも利尿薬で、何とか乗り越えて来ました。

イヴの通院☆

今日、東大阪市の動物病院にイヴの通院のために行って来ました。

行くとき、帰りとゲリラ雷雨に遭い、かなり不安な気持ちで、
運転していました。

下水の逆流を見たら、やっぱり怖いもんですね。

昼の3時頃に高速で、50kmとかでライトつけて走ってるのって何?って思いながら、無事帰れました。

ところでイヴの採血結果は

DSC01493.jpg


このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。